労働関係・社会保険関係の法令や人事・労務管理問題に関する
タイムリーな話題を取り上げていきます。
有給休暇管理簿
 平成31年4月以降、年休の付与日が到来した人から、年休管理簿を作成し、3年間保存する義務が課されています(労基則第24条の7)。必要データの出力が可能なら、分割することもできます。
 管理簿には、「年休を与えた時季」、「日数」、「基準日」を記載します。日数には、半日単位で取得した回数と時間単位で取得した時間数の両方を含みます(ただし、年休の年5日消化義務を考える際には、時間単位年休分はカウントされませんのでご注意ください。)。
 管理簿には、「法定の年休が与えられるすべての労働者」に関する情報を記載します。付与日数が10日未満の労働者(使用者による5日の時季指定の対象とならない労働者)についても、管理する必要があるので要注意です。
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>