労働関係・社会保険関係の法令や人事・労務管理問題に関する
タイムリーな話題を取り上げていきます。
従業員が65歳に達したら雇用保険の資格再取得等の手続が必要に?

Q.平成29年1月から、65歳以上の高齢者を対象として、雇用保険の取扱いが変わると聞きました。当社にも、60歳代後半の従業員が数名います。新たに資格の取得届等を提出する必要があるのでしょうか。これから先、従業員が65歳に到達した場合、どのような手続が求められるのでしょうか。

 

A.従来、65歳以上の高齢者は、雇用保険の加入対象から除かれていました。ただし、「65歳に達する日の前日から引き続き雇用されている場合」には、「高年齢継続被保険者」として、資格を継続する扱いでした。

 

平成29年1月1日からは、65歳以上であっても、適用除外(週20時間未満、雇用見込み30日以下など)に該当しない限り、雇用保険の被保険者(高年齢被保険者)となります。

 

平成28年12月末の時点で、65歳以上の高齢者を雇用している場、3とおりのパターンが考えられます。

 

65歳に達する前から雇用していて、「高年齢継続被保険者」の資格を有している人(定年後、嘱託等として再雇用され、期間雇用を反復更新してきた人などが該当)
65歳以降に雇用され、雇用保険に加入する必要なしとされていた人(週20時間以上等の条件を満たす人)
65歳以降に雇用され、雇用保険に加入する必要なしとされていた人(週20時間以上等の条件を満たさない人)

 

,紡阿垢訖(すでに高年齢継続被保険者となっている人)に関しては、特別な手続きを要しません。平成29年1月1日に、「自動的に」高年齢被保険者に切り替えられます。

 

△紡阿垢訖佑蓮∧神29年1月1日から、新たに高年齢被保険者となります。ですから、雇用保険被保険者資格取得届をハローワークに提出する必要があります。

通常、資格取得届は「被保険者となった日の属する月の翌月10日まで」に提出します。しかし、△離哀襦璽廚亡悗靴討蓮経過措置が設けられています。「翌月10日」ではなく、「平成29年3月31日」までに手続きをすれば足ります(改正則附則第2条)。

しかし、3月までに処理すればよいとのんびり構えていると、対象者がそれ以前に退職してしまう可能性があります。この場合も、1月1日以降被保険者に該当していたわけですから、資格喪失等の手続きを行う必要がある点には留意してください。

 

に属する人は、1月1日以降も引き続き適用除外なので、加入という問題は生じません(手続不要)。

 

今後の話ですが、一般の被保険者(65歳未満)が65歳に到達したときは、,汎瑛佑房動的に高年齢被保険者に切り替えられます。

新たに65歳以上の人を雇用したとき(適用除外に該当しないとき)は、翌月10日までに被保険者資格取得届をハローワークに提出します。

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>