労働関係・社会保険関係の法令や人事・労務管理問題に関する
タイムリーな話題を取り上げていきます。
1075万円基準
 有期労働契約を結ぶ際、通常は上限3年ですが、高度専門職と高齢者に関しては5年の特例が適用されます(労基法第14条)。

 この「高度」の条件ですが、システムエンジニア・デザイナー等については「年収要件」も付されています。

 基準となる金額は「1075万円」です。これは「支払われることが確実に見込まれる額」を指し、成績で変動する賞与や業績給は含まない(最低保障額は含む)という考え方を採っています。

 労基法の改正で創設が予定されている「高度プロフェッショナル」についても、同レベルが想定されています。
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>